フランスのブック作り職人、Pierre CHARIALさんをご紹介

スポンサーリンク

Pierre CHARIALさん

ブック作り職人(素晴らしい演奏家でもあります)
ピエールシャリエルさんです。
今では、私もブック作りをするようになりましたが、手回しオルガンを購入し、始めた当初は

ブックは購入しておりました。
何人かのブック作りのメーカーがあるのですが、シャリエルさんのアレンジは特に秀悦です。
私もアレンジなどの面で沢山アイディアを勉強させていただきました。

コチラの動画では、彼の工房の映像が見れます。
インタビュー形式なのですが、ブック作りの様子も見れます。
今では機械を使って作られるようです。
この機械が欲しい!!(笑

手回しオルガン演奏家としても素晴らしいです

次に彼がコンサートなどで演奏している動画も紹介します。
手回しオルガンという楽器は、基本的はソロ楽器なのですが、他の楽器と一緒に演奏したりもしていて
演奏家としても表現方法を色々試行錯誤をされている所も尊敬です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
これからも様々な手回しオルガンを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
世界の手回しオルガンを紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
手回しオルガニスト KojiKojiMoheji

コメント

  1. 浜川美百合 より:

    こんにちは♪浜川です。いつも色んなアーティストの方を紹介されるのを楽しく拝見させて頂いています。手回しオルガンでも色々あるんですね。あんな大きな物は初めて見ました。(ブックの穴の数がスゴい‼️)それに曲のジャンルも様々な物を演奏されていて驚きました。これからも色んなアーティストの方の紹介、楽しみしています。
    ありがとうございます♪

    • temawasi-organist より:

      こちらこそいつもご覧くださりありがとうございます☘大きいものは昔は遊園地などにあったりもしたようですよー♪いつか動画の様な大きな手回しオルガンも手に入れてみたいです✨
      また是非見てください♪